久保建英の弟はマリノスプライマリー所属の瑛史?兄同様天才なのか

9歳でスペインサッカー・FCバルセロナ下部組織に日本人として入団したことで

「和製メッシ誕生!?」

と注目を集めた久保建英選手。

各方面から天才と称され、常に注目されている選手ですが、久保選手には弟がいるそうです。
噂によると久保選手同様サッカーをしているとか…。

弟も天才プレーヤーなのか気になりますよね!

今回は久保選手の弟について調べて見ました!

スポンサードリンク

久保建英とは

出典先:https://img.footballchannel.jp

久保選手は現在16歳の高校生で、FC東京U-18に所属しています。

2009年に横浜で開催されたFCバルセロナキャンプでMVPに選ばれた久保建英選手は、キャンプのMVP特典でもあったFCバルセロナスクール選抜としてソデクソ・ヨーロピアンカップに参加しました。

そこでもMVPに選ばれ、FCバルセロナのコーチの目に留まったんですね。
三週間に及ぶ入団テストに合格!
2011年から1年間あのバルセロナでプレーをしていました。

これからの活躍にますます期待がかかる選手です!

弟の瑛史はマリノスプライマリーに所属している

どうやら久保建英選手には6歳下の弟がいるようです。
名前は瑛史(えいじ)さんというそうで、久保選手がスペインでプレーしている時も母親と一緒に同行しています。

本場スペインで夢を追いかける兄の姿を間近で見てきたのなら、弟もサッカーをやっているのではないかと思って調べてみたら…。

やはりサッカーをやっているようです!

現在横浜F・マリノスの傘下の育成組織であるマリノスプライマリーに所属しながら日々練習に励んでいるようですね。

出典先:マリノスプライマリー公式HP

この中に弟の瑛史さんがいるようなのですが、どこにいるかわかりますか?
ちょっと見つけにくいですね〜^^;

6歳年下なので、瑛史さんは現在10歳の小学4年生ということですね。
お兄ちゃんがバルサで活躍したことでかなり刺激を受けたのかもしれないですね!

兄弟で天才と言われているのかもしれません(゚∀゚)

スポンサードリンク

久保建英と弟・瑛史を育てた両親がすごい

9歳で名門バルセロナでプレーし、中学生でプロJリーガーとしてデビューしている久保建英選手とマリノスプライマリーでプレーしている弟の瑛史さん。

もはや生まれ持った才能で、いわゆる天才だったのかな〜と思ったのですが、調べてみると久保選手の両親の教育方針がすごかったんです!

なるべく外で遊ばせるためにお母さんが1日3食のお弁当を作って毎日朝から晩まで外で活動するようにしたそうです。

さらに外でも裸足で、家ではテレビを見せず20冊もの本を読み聞かせていたんだとか。
すごいですよね〜(゚o゚;

お父さんはサッカー部に所属していたそうですが、久保選手と楽しみながらサッカーをしつつ、しっかりと技術も教えていったんだそうです。

久保さんと同じ目線で物事を見て育てていたとお父さんは語っています。

やはり子供の時の教育って大事だな〜とつくづく思うエピソードですね。

まとめ

久保建英選手の両親は常に子供の可能性を信じ続けて

「バルサに行く!」

と久保建英選手が言った時も、じゃあどうするかと一緒に考えて行動したことで本当にバルセロナに行かせてしまうという、まさに二人三脚で歩んでいく姿勢が素晴らしいなと思いました。

その影響で弟の瑛史さんもバルサに入門することを目指して今マリノスプライマリーで頑張っているところなのかもしれませんね。

天才プレーヤーの兄弟のおかげでこれからの日本のサッカー界の未来は明るい!と感じますね(*゚∀゚*)
久保建英選手と弟・瑛史さんの活躍から目が離せません!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です