魁心鵬が窃盗容疑で逮捕!車上荒らし常習犯で友綱部屋から追放処分?

横綱に昇進した稀勢の里の活躍や、最近大関に昇進した高安など、明るい話題の多い相撲界でしたが窃盗で力士が逮捕されていたことがわかりました。

逮捕されたのは友綱部屋に所属している魁心鵬こと小林峰生容疑者(22)。
一体なぜそんな犯行に及んだのでしょうか?

事件の詳細や今後について今回はお伝えしていきたいと思います。

スポンサードリンク

魁心鵬は何をして逮捕されたのか

魁心鵬こと小林峰生容疑者は去年11月、男2人とともに千葉県柏市の駐車場にとまっていたカギがかかっていない乗用車のドアを開け、クレジットカードなどを盗みました

さらにそのカードをを使ってATMから現金80万円を引き出した疑いが持たれています。

犯行を一緒にはたらいた男2人は地元の友人だったようで、小林容疑者自身千葉県流山市出身であることから犯行現場周辺の土地勘はあったと思われます。

実は友綱部屋に入門する前の犯行だった

魁心鵬こと小林容疑者は2016年12月28日に新弟子検査を友綱部屋で受け、翌1月に友綱部屋に入門しています。

今回の逮捕のきっかけになった事件は2016年11月に発生しているため、友綱部屋の門を叩く前の犯行だったのです。

入門した時に窃盗をしていたなんて新弟子検査ではわかりませんからね…。

「20歳を越えているので、人間的な部分で安心していた」

と友綱親方がコメントしているように、合格を出した親方や関係者の方も今回の逮捕は青天の霹靂だったのではないでしょうか(・_・;

スポンサードリンク

魁心鵬は窃盗を繰り返す常習犯

魁心鵬こと小林容疑者は5月場所は序二段で出場し、2勝5敗という結果で少し苦いデビューとなったようです。

この結果にむしゃくしゃして犯行に及んだのかと思いきや、小林容疑者の供述によると100件以上同様の事件に関わっていることを供述していて、警察が余罪を追及しているというのです!

100件以上って…、もうかなり前からやっていて、しかもかなりの頻度だったのではないでしょうか?
一時的な気の緩みで手を染めてしまったのではなく、常習犯だったようですね(ー ー;)

魁心鵬の処分はどうなるのか

友綱部屋は今後、モンゴル出身の元関脇・旭天鵬の大島親方が継承することが2017年3月5日に決まったばかりでした。

モンゴル出身としては初めての部屋持ちとなるので、とても注目をされていたんですよね。
継承も6月11日付なので、あと10日ほどで大島親方が新親方となるところでした。

そんな部屋の一大イベントを前にして今回の逮捕劇は残念でなりませんね。
出鼻をくじかれたというか、部屋の名に泥を塗られたというか…。

協会も今回の件について

「事実関係を確認しており、コメントできない」

としており、状況の把握をするために情報収集に追われているのではないでしょうか?
処分の決定までまだ時間がかかりそうです。

まとめ

最近は相撲人気も復活の兆しを見せてきて、日本人力士の活躍もよくみられるようになってきていたところだったので、今回の件は入門前の犯行だったといえどもただ残念ですね。

スポーツマンとしてもこういった事件を起こすことは許されませんし、魁心鵬こと小林容疑者にはぜひ改心して帰ってきてほしいなと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です