竹内まりやに引退報道!完全否定で実家老舗旅館の再建に立ち向かう!

竹内まりやさんと言えば日本を代表する女性ポップシンガーとして有名ですよね。
また数多くの有名アーティストに楽曲を提供するなど、日本の音楽シーンには欠かせない存在です。

そんな竹内さんが

「引退?実家の旅館を継ぐの?」

というニュースが入ってきました。
引退なんていつのまにそんな話になっていたの?というのが率直な感想ですが、どうやら色々な事情があったようなんです。

今回はその真相をお伝えしたいと思います!

スポンサードリンク

竹内まりやの実家は老舗旅館だった

出典先:竹野屋公式HP

引退報道と合わせて報道されたのが

「竹内まりやは実家の旅館を継ぐ」

ということ。
そもそも竹内まりやさんの実家って旅館だったんですか!?

実はこれは有名な話で、竹内さんのご実家である旅館「竹野屋」は縁結びの神がいるとして有名な島根県・出雲大社の近くにあります。

鳥居から100メートルほどの参道にある好立地で、開業以来140年になる超老舗旅館なんですね。土日はなかなか予約が取れないほどの盛況ぶりだったそうです。

そんな人気旅館でしたが、竹内さんの兄が5代目当主として旅館を取り仕切るようになってから業績が徐々に悪化していったそうです。

竹内まりやは引退するのか

竹内さんは引退するつもりはなく、歌手と実家の旅館のサポートを二足のわらじで進んでいくようです。
なので今まで通り、曲作りやプロデューサーとして活躍されていくことでしょう。

よかった…。
もう竹内さんの歌が聴けないのかと思いましたよ。゚(゚´Д`゚)゚。
ひとまず安心ですね!

それにしてもどこからこの引退という二文字が出てきたのでしょうか?

スポンサードリンク

なぜ引退という話になったのか?

出雲大社といえば、2014年に高円宮家の典子さまが出雲大社権宮司の千家国麿さんと結婚したことでも話題になりましたね〜。

今ではさらに恋愛運がアップするというパワースポットとして全国的に有名になり、全国各地から参拝に訪れているんですよね。

近くにある竹内さんの実家の旅館もさぞ賑わっているのではないかと思いきや、どうやらここ最近は集客に苦戦していたようなんです。

その原因は5代目である竹内さんのお兄さんの経営スタイル

チェックインの時にスリッパが欲しいというお客さんの要望に

「うちには用意していません」

と、ちょっと上からな対応をしてしまうなど、顧客ファーストの対応ができずにいたことが多いようで、従業員からの不満も次第に積もっていったようです。

もともと、自由なものの捉え方をする人だったそうですが、単純に接客業の基本がわかっていなかったのではないかとも囁かれています。

顧客のことを一番に考えなくてはいけない接客でこのような対応をしてしまっていたのはやはり経営者として致命的だったようですね。

そこで実家の旅館を再建すべく立ち上がったのが竹内まりやさん。
何より、自分を自由にさせてくれた実家に恩返しがしたいという気持ちが強かったようです。

兄弟の中でも比較的に金銭面でのゆとりもあったことから、リニューアルにかかる費用を全て竹内さんが持つことになり、実質的なオーナーになったわけなんです。

なので

オーナーになる→歌手引退?

という構図が浮かび上がってきたんですね。
引退はないようなので、ほっとしましたが!

竹内まりやの今後の活動はどうなる

今後の具体的な歌手活動などのスケジュールはまだわかりませんが、らくは旅館業が忙しいようです。

竹内さんの旦那さんといえば、竹内さんと同じく歌手の山下達郎さん
こんな素敵な歌声の夫婦、他にどこ探したっていないですよね!笑

山下さんもこの件に関して竹内さんにとても協力的で、リニューアルオープンの会議に参加したり、「何かできることはありませんか?」としっかり竹内さんを支えてあげているそうですよ。

なんとも素敵な旦那様!ヽ(;▽;)ノ

そんな山下さんや周りのサポートの甲斐あって、リニューアル後は客足も戻りつつあるそうです!

私も島根に旅行に行った時にはちょっと贅沢して、竹内さんのご実家の旅館に泊まりたいな〜と思いました(*^^*)

二足のわらじは大変だとは思いますが、また素敵な歌声を届けて欲しいですね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です