須藤公一が若林志穂をいじめたのはなぜ?知られざる理由の真相とは!


’91年から’99年まで放送されていた大人気の昼ドラマ『天までとどけ』

父親役の綿引勝彦さんと母親・岡江久美子さんののもと、8男5女の子どもが織りなす大家族のホームドラマは多くの人の共感を呼びました。

しかし、そこで何と長女・待子役の若林志穂さんが五郎役の須藤公一さんにいじめられていたそうなんです!

なぜ若林さんはいじめられていたのでしょうか?
今回はその理由についてお伝えしていきます!

スポンサードリンク

若林志穂が須藤公一からのいじめを告白

若林志穂さんは5月に放送された「爆報!THE フライデー」で18年ぶりに天まで届けに出演していた出演者が再開するという番組内容を見て、自分が番組出演のオファーをされていなかったことから今回いじめの真相を公表することを決心したそうです。

中でも五郎役の須藤公一さんから

「みんな待子のことが嫌いだから」

とメールで言われたそうなんです。
そんなことメールで言いますかね?

誰得なの(・・?)

って感じですが…。

もし本当なら、その言葉で相手がどう思うのか考えてほしいですよね( ̄^ ̄)

須藤公一は若林志穂に正確な情報を伝えなかった

須藤公一さんがある日「天までとどけ」のメンバーが集まった食事会があると若林さんに声をかけたそうですが、それが20周年記念パーティーという大きな集まりという詳細を伝えなかったことで、当時療養中だった若林志穂さんは大きな集まりだとは思わず欠席します。

出演者や監督が集まる中、体が不自由な方も出席していたそうなので、そんな中欠席した若林さんに対して非難の声が上がっていたそうです。

若林さんだって、そんな大きな集まりだったら絶対挨拶をしに出席していたはずなのに、伝えられていなかったんだからしょうがないじゃないですか。
なんかすごいハメられた感が否めません…(ー ー;)

他にも若林志穂をいじめた人物がいた

さらに番組スタッフも若林志穂さんバッグにわざとメイクさんが使用しているメイク道具を入れて、若林さんのことを泥棒呼ばわりして言いふらすなど、数々のいじめを経験して来たようです。

何でそんなことされないといけないんですかね〜。
ドラマでは家族の絆とかそういうことが描かれているのに、裏では真逆のことが行われていて怖いですね…(・_・;

その中でも須藤公一さんは「天まで」家族の中でも中心的人物で情報を発信したりするまとめ役だったそうなので、特に若林さんに対してあたりが強かったようですね。

スポンサードリンク

なぜ若林志穂はいじめられたのか

若林志穂さんは2001年に青竜刀を持った男と至近距離で遭遇し、警察官が犯人ともみ合いになり、両者が死亡する凄惨な現場を見てしまったことでPTSDになってしまいました

それがきっかけで芸能活動を1年ほど休むことしたのですが、復帰後間も無く芸能界引退を決意します。

かなり辛い過去ですよね…。
どんなに健康な人でもそんな状況に出くわしたら誰でも心に大きな傷を負ってしまうでしょうね。

母親役だった岡江久美子さんも若林さんの性格について

「ガラスのように繊細な子だった」

とコメントしています。
そうしたことから、些細なことでも傷ついてしまい、軽い冗談のつもりでした周りの振る舞いも「いじめ」だと感じてしまったのかもしれませんね。

まとめ

自分には声がかからずに、みんなは集合しているってすごく悲しいですよね。

若林志穂さんは

「五郎(須藤公一さん)はいつも突っかかってくる」

とコメントしていました。
須藤さんが「天まで」家族の中心人物のようですから、若林さんのことが何かカンに障ったのかわかりませんが、少しの言動でも木津つく人がいるということを理解してほしいですよね。

若林さんは今は幸せに暮らしているそうなので、それがせめてもの救いですが、今回のことは勇気のある発言だったなと思います。

またいつか家族みんなで笑って再会できるといいですね( ; ; )

次に読んで欲しい記事はこちら!

↓    ↓    ↓

須藤公一が若林志穂へのいじめを認める!岡江久美子も関与していた?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です