野際陽子出演・やすらぎの郷の代役はなし?脚本変更でこのまま継続か

たくさんの人気ドラマに出演していた、日本を代表する女優・野際陽子さんが肺腺がんのため亡くなられました。

現在放送中のドラマ「やすらぎの郷」にも出演中だったのですが、その後の代役はどうなるのでしょうか?

今回は「やすらぎの郷」で野際陽子さん演じる井深涼子役の代役をどうするのかについてお伝えしていきます!

スポンサードリンク

野際洋子が演じた役の代役はなし?

野際洋子さんの急逝できになるのは現在出演中だったドラマ「やすらぎの郷」で野際さんが演じていた井深涼子役の代役ですよね。

主人公の亡き妻の親友という重要な役どころのため、いなくなってしまうと困るのですが、ドラマはすでにスタートしており代役を立ててまた撮影となると視聴者の「井深涼子」に対するイメージが損なわれてしまう気がします。

野際さんほどの大物女優の代わりなんてそうそう見つからないと思いますし、この「やすらぎの郷」に野際さんの代わりを務められるような大物女優さんがすでに出演されていますからね^^;

予想としては代役を立てないで進行するのではないかと思います。

野際さんが演じた「井深涼子」視聴者の心の中にそのまま生かしておくのではないかなと。
代役で演じるとなった方も野際さんのイメージを損なわないようにかなりのプレッシャーから引き受ける方もなかなか見つからなさそうですしね…。

おそらく脚本を書かれている倉本聰さんが、現実の野際さんの要素を取り入れて修正し、

「井深涼子はいなくなってしまった」

という展開に持っていくのではないでしょうか?

やすらぎの郷の脚本は野際洋子のために変更されていた

脚本を書かれている倉本聰さんは、野際陽子さんの体調に合わせて脚本を変更しながら進行していたそうです。

野際さんがガンを患っていたなんて知らなかったので、今回の突然の悲報で驚いたのですが、ドラマ関係者はすでに知っていて、野際さんのペースに合わせた撮影を行なっていたのですね。

しかも、噂によるとこの「やすらぎの郷」は出演者が高齢のため体調を考慮しながら進められるように複数の脚本を用意しているのだそうです。

なんとカスタマイズ可能なドラマだったとは(゚o゚;
倉本聰さんすごすぎます…。
そして出演者の方に気遣っているのがよくわかりますね。

最近逮捕された橋爪遼さんもやすらぎの郷に出演していましたが降板しましたよね。
それに関してもきっと倉本さんはフレキシブルに脚本を変えているのかもしれません。

いろんなパターンの脚本があるなんて、いつか別バージョンも見てみたいですね(゚∀゚)

スポンサードリンク

野際陽子は生涯現役を貫いた女優だった

ドラマの撮影はハードスケジュールだとはよく聞きますが、朝7時から24時までの撮影が何日も続くことが珍しくありません。

それでも野際陽子さんは、仕事は楽しく、どんなに忙しくても嫌だと思ったことはないそうです。

本当にプロの女優って感じですよね(゚o゚;

80歳を越えてから挑戦したいことについて聞かれても、

「いろいろ考えてみると、そんなにやりたいことってないのね。だから今までどおり、1日1日を大切に過ごしていきたい。年をとることをネガティブに考えても仕方ないし、毎日を楽しく暮らしていければ、それが一番じゃないでしょうか」

引用先:週刊女性PRIME

と答えています。

本当に女優業に全てを注いできた方なんだなと思いますね。
「やすらぎの郷」にも医療用のチューブをつけて現場に来ていたそうですが、まさしく生涯現役で女優を演じきったという感じですね。

まとめ

日本を代表する大女優が亡くなり、とても残念ですね。
上品でどんな役でも完全にその人物になりきって、あまりにうますぎるので

「野際陽子さんって素の性格もそういう性格なんじゃないの?」

と思ってしまうくらいでした。

ずっとハードスケジュールで駆け抜けて来た女優人生だったと思うので、ゆっくり休んでほしいですね。

ご冥福をお祈りいたします。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です