ミキ(芸人)のハーフのおじは上岡龍太郎?平野レミものまねで話題!

京都府出身の兄弟コンビとして人気急上昇中のミキ

テンポがいいしゃべくり漫才が見ていて心地よくて、
これから間違いなくブレイクする芸人さんだと思っています!

気になってミキについて調べてみるとハーフのおじさんがいるとの噂が。

ミキってハーフなの??

さらに漫才芸人で成功し始めているのにものまね界にも進出するようなので、今大注目のお笑い芸人ミキについて調べてみました!

スポンサードリンク

ミキにはハーフのおじさんがいるのか?

残念ながらハーフのおじさんがいるという情報はキャッチできませんでした
どこからそんな情報が出てきたのかはわからないのですが、見た目がハーフっぽいからとかそんな理由からでしょうかね?

言われてみればハーフっぽい気も…?
いや、ただ亜生さんが茶髪だからってだけか。笑

ミキのおふたりが飛び抜けたお笑いセンスを持っているので、日本人離れしているお笑いセンスなのは間違いありませんね!

ミキのおじはなんと上岡龍太郎だった

ミキのおじさんはハーフなのか調べていたところ、衝撃の事実が判明しました!

実はミキのおじさんはあの伝説の芸人、上岡龍太郎さんなんです!
上岡龍太郎さんといえば元漫才師であり、その話術からバラエティ番組のMCとして90年代に関西を中心に活動されていた超ビッグなタレントさんです。
2000年に芸能界を引退されています。

やっぱり親戚からのお笑いの血が流れていたんですね〜。
ちなみに上岡龍太郎さんもハーフではありません。笑

ミキの母親が、上岡さんの妹らしいのですが、ミキの2人は上岡さんが自分たちのおじにあたることは、ずっと公にしてこなかったそうです。

おそらく、上岡さんの名前で話題になって世に出て行くのではなく、自分たちの芸の腕だけで勝負し、成功したいという気持ちが強かったんでしょうね。

大御所であるおじさんの力添えがなくても、数々のお笑いコンテストで優勝したり新人賞を勝ち取ったりと勢いづいているミキ。

かなりの潜在能力を兼ね備えているようです!
う〜ん、これからさらに発揮されていきそうですね!

スポンサードリンク

ミキがおじ譲りの才能でものまねに挑戦!

おじの上岡龍太郎さんと同じ、昔ながらのしゃべくり漫才で笑いを取る彼ら。
亜生さんは『人志松本のすべらない話』にも出演を果たすなど、漫才のみならず活動の幅を広げています。

しかし、今回はなんとものまねグランプリに初出場を決めています!
ミキのおふたりがものまねに挑戦すると聞いて、

「ミキってお笑いのレパートリーも持ってたんだ〜。何のものまねするんだろう?」

と思っていたら、どうやら本人たちですらオファーをもらった時は

「僕たち、ものまね自体やったことがなかったので、『どうしよう! どういうつもり!?』と思いました(笑)」

と思ったそうですよ。
ものまねやったことないんかい!笑

ものまね未経験の芸人さんにオファーする番組側の無茶振り感半端ないですね(゚∀゚)

ミキの平野レミのものまねが面白い

そんなものまね初心者のミキが選んだものまねネタは、平野レミさん、ペ・ヨンジュンさん、アジャコングさんなど。

平野レミさんって今まで真似したことある人そんなにいないですよね?
もうただでさえご本人が面白いのに、そんな人のものまねをするっていうだけで笑えます。笑

兄の昴生さんは亜生さんのものまねを

「全部40点くらいのクオリティーだけど、平野レミさんのまねは70点くらい。

と評価しているようです。
兄弟愛を感じますね〜(*´ω`*)

まとめ

関西では着実にファンを増やしていて、劇場では立ち見が出るほどの人気ぶりのミキ。
身内に大物芸人がいても素性を明かさず、自分たちだけの力で頑張ろうとする姿勢がかっこいいですよね!

芸能関係者からもこれからのブレイクを期待されている、今大注目の若手芸人ということもあり、これからどんどん二人の兄弟愛が感じられる活躍が見られそうです。

漫才でもものまねでも頑張って欲しいですね^^

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です