海老蔵の母・希実子の実家がすごい!保証人のせいで子供に多額の負債


市川海老蔵さんの妻・小林麻央さんが逝去されましたが、小林さんの闘病生活をずっと近くで支えていたのが海老蔵さんの実の母である希実子さんだったそうです。

希実子さんについて調べてみると実家のことなどが出てくるのですが「保証人」というキーワードも一緒に出てきます。
何やら嫌な予感ですね…(・_・;

一体どういうことなのでしょうか?

今回は海老蔵さんの母・希実子さんの実家と保証人の意味について調べてみました!

スポンサードリンク

海老蔵の母・希実子の実家とは

出典先:http://ent.living.jp

海老蔵さんの母・希実子さんは東京都出身の65歳。
12代目市川團十郎さんと結婚し、海老蔵さんと市川ぼたんさんの一男一女をもうけています。

希実子さんの実家はというと、父親は庄司隆雄さんという方で

・熊谷観光開発代表取締役
・高根カントリー倶楽部総支配人
・巽興業代表取締役

などの不動産関係のお仕事をされていました。
なんと社長令嬢だったのですね(゚o゚;

希実子さんのお父さんがこれだけの事業をしていますから、相当裕福な家庭で育ったのではないでしょうか?

実家の保証人の意味とは

社長を父親にもつ希実子さんですから、かなりのセレブ生活を送っていたと思いきや…。
ずっとそんな生活が続いたわけではなく、なんと不動産事業を手がけていた希実子さんの父親が事業に失敗してしまったそうなんです。

希実子さんの旦那さんである12代の市川團十郎さんは希実子さんの父親の事業の保証人になっていたということから、「保証人」というキーワードが出てきていたのですね。

「保証人だけにはなるな」

とよく言いますが、團十郎さんは希実子さんの父親の保証人になってしまったのですね…。
おそらくこの件で実家も売ってしまったのではないでしょうか。

スポンサードリンク

保証人のせいで子・海老蔵が抱える負債額がヤバイ

海老蔵さんの父・市川團十郎さんは希実子さんの父親の保証人になっていましたが、2013年に團十郎さんは66歳でこの世を去ってしまいます。

その影響は歌舞伎界に影響を与えただけでなく、息子である海老蔵さんにも影響が及んでいたのです。

なんと19億円ともいわれる多額の負債額が海老蔵さんに相続されたと言われています。

現在、歌舞伎の興行主である松竹が東京都目黒区にある500㎡の市川家の土地と家を担保に借金を肩代わりしてます。

そういった理由もあり、海老蔵さんは松竹からのオファーは断れない立場にあるのです。
なんだかすごい大人の事情があったんですね…(゚o゚;

海老蔵がブログを書く理由とは

出典先:http://pinky-media.jp/

今ではアメーバブログで殿堂入りを果たして人気ブロガーとしても毎日ブログを更新している海老蔵さんですが、そのブログを書いている理由も経済的理由からではないかと言われています。

海老蔵さんのブログや闘病中だった小林麻央さんのブログはとても評判となり、広告収入もかなりなものだと推測されます。

人気ブロガーとしてトップに君臨している辻希美さんも月収だけで500万円を超えているそうですから、海老蔵さんと小林麻央さんのブログの収入だけで1億円は超えているでしょうね。

楽しみながら書いているのであればいいと思うのですが、お金のためって思うと辛くなってしまわないか心配ですね(・_・;

まとめ

小林麻央さんの闘病生活だけでもかなり大変だったと思いますが、それ以外にも海老蔵さんが母・希実子さんの父親の関係で大変な思いをしているとは知りませんでした。

母・希実子さんも実の息子が父親の保証人になった旦那のせいで負債を背負うことになったのはかなり辛い思いがあるでしょうね。

海老蔵さんとしては子供たちに影響が出ないよう、父親として頑張りたいところでしょうね。

次に読んでほしい記事はこちら!

小林麻耶がハマった数秘術とは何?性格や相性もわかるその効果とは?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です