堂本剛が突発性難聴で入院した病院はどこ?即復帰は困難の可能性も!


Kinki Kidsの堂本剛さん突発性難聴で入院していると相方の堂本光一さんが「テレ東音楽祭2017」番組内で公表しました。

堂本剛さんはどこの病院に入院しているのでしょうか?
今回は堂本剛さんの突発性難聴についてお伝えしていきます!

スポンサードリンク

堂本剛が突発性難聴で入院した病院はどこか

突発性難聴で入院できる病院を探してみたところ、すべての病院で受け入れているわけではないようです。

東京都内で突発性難聴で入院でき、なおかつ都心から離れていない病院を探してみたところ、以下の病院の可能性があるのではないかと思われます。

総合東京病院 (東京都中野区)

こちらの病院の耳鼻咽喉科は慶應義塾大学耳鼻咽喉科等と連携しているのでとても心強い病院です。
鼻内やのどの内視鏡検査など特有な検査も行っているので、より詳しい病状を把握することができます。

赤羽東口病院 (東京都北区)

池袋や新宿の近くに位置する病院なので、都心へのアクセスが便利です。
診察科目もかなり色々とあるので、耳以外の不調も合わせて治療されているかもしれませんね。

おそらく大学病院など専門で診てもらえる病院で診察を受け、入院設備の整った病院を紹介されたのではないかと推測されます。

スポンサードリンク

堂本剛を襲った突発性難聴の原因は

堂本剛さんを襲った突発性難聴の原因とは一体なんなのでしょうか?

実は突発性難聴になる原因は不明なんです。

しかし、ストレスや疲労、ウイルス感染や内耳の循環不全などが原因になっているのではないかと言われています。

発見が早ければ早いほど回復する可能性は高いのですが、完治というものは難しく、治ったと感じてもまたいつ再発するかわからない恐ろしい病気なのです。

堂本剛さんは精神疾患を患っていたこともあり、かなり繊細な感性を持っているので、いろいろなことでストレスを抱えていたのかもしれません。

そうしたストレスが重なって突発性難聴という形になって現れたのかもしれませんね。

堂本剛が復帰するのはいつか

堂本光一さんは堂本剛さんは大事をとって一週間入院すると発表しました。
入院は一週間ですが、その後すぐ仕事に復帰するとは限りません

歌うこともままならない状況ということから、状態は深刻であると思われます。
また通常突発性難聴で入院する際、本来であれば最短でも1ヶ月は入院が必要となります。

それを一週間で退院するというのは治療も十分にできないのではないでしょうか?
自分で薬をもらって対処するにも限界があると思います。

突発性難聴は耳が聞こえなくなるだけではなく、めまいや吐き気などの症状もあるため、すぐの現場復帰は難しいのではないかとの見方もあります

退院後は一定の休養期間を設ける可能性もありますね。

体調や耳の調子によってはこれからの復帰時期に関しては白紙の状態でスタッフも今後の対応を考えているのかもしれません。

ピンチヒッターで堂本剛さんの代わりにテレ東音楽祭に登場したTOKIOの長瀬智也さんが電話で堂本さんと話したそうですが、その時は電話口の堂本さんは元気そうだったと話していました。

あまり重症化していないことを祈るばかりですね( ;  ; )

まとめ

今年デビュー20周年を迎えるKinKi Kids。
大きな節目の年になりますが、堂本剛さんはかなり無理をしていたようです…。

つい先日KinKi Kidsが主役のドラマ「僕らの勇気 未満都市」が再び放送されることで話題になりましたが、これからもこうやって私たちに元気な姿を見せて欲しいですね。
少しでも早く堂本剛さんの容態が良くなることを祈っています。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です